離婚 慰謝料

慰謝料は損害賠償金

離婚に伴う慰謝料とは、家庭内暴力、浮気などで離婚原因を作った方が、精神的苦痛などを受けた相手方に支払う損害賠償金です。

「浮気をされたんだから」「暴力をふるわれたから」1日も早く別れたい、離婚さえできればあとは何もいらない…追いつめられるとそう考えがちですが、家庭内暴力や浮気は離婚申し立ての正当な事由に当たります。つまり、慰謝料請求の対象になるのです。

離婚のためにまずすることは

家庭内暴力や浮気を立証するために、様々な証拠を集める必要がありますが、インターネットなどで調べても、個人で集めるのは限界があります。まず最初にすることは、弁護士に相談することから始めましょう。

離婚のための確認
1.慰謝料(精神的苦痛などの損害賠償金)
2.財産分与(貯金・不動産・家具など離婚のときまでに夫婦の協力で築いてきた財産)
3.親権・養育費など

離婚までの流れ
通常は、協議離婚で解決できますが、調停や裁判まで至ることがあります。そのためにも法律の専門家―弁護士に相談したほうがいいでしょう。

慰謝料や離婚に伴う悩みは法律で解決することが大事です。一般的に男性は弁護士に依頼することまで考えませんから、離婚を決意したらすぐにでも弁護士に相談・依頼することが離婚を有利に勧める近道になります

弁護士を選ぶ

知り合いに離婚専門の弁護士がいればいいですが、初めての人は日本法規情報の弁護士相談案内が便利です。自分で探す手間が省けますし、待たされることもありません。自分の希望に沿った適切な弁護士、トップクラスの事務所を案内してくれます。

法律相談までの流れは :
@問い合わせフォームから申し込み ⇒Aヒヤリング(相談したい内容や曜日、女性資格者対応などの希望)⇒B希望に合った事務所を3〜5紹介 ⇒C電話・メールで相談日を決定 ⇒D事務所で相談 ⇒E今後の進め方確認
になっています。

B〜Dは複数の事務所で相談して頂けますので、その中から依頼したい事務所を選んでいただけます。また、無理な勧誘などは一切ありませんので、安心できるところを選んでください。

「いかに多くの慰謝料を取るにはどうしたらいいか」の相談から始めてみてはいかがですか?







 

サイトマップ

株取引がしてみたい